共働きの子育て。ありがとうは魔法の言葉。

今や「男は外で仕事をして稼ぎ、女は家で家庭を守る」というスタイルは完全に過去のものとなり、多くの家庭で、女性は出産後も復職して仕事を続ける共稼ぎというスタイルを採っています。

そこで問題となってくるのが、家事や子育ての分担です。イクメンと呼ばれる少数の男性を除けば、まだまだ家事や育児は女性だけの肩にずっしりとかかっているのが実情で、仕事の他に家事も育児もやらなければならない女性がノイローゼや鬱になってしまうケースは少なくありません。家事や育児をきちんと分担するのが理想的ですが、特に男性の場合は残業などで、分担どころか子供の寝顔しか見られないという人もたくさんいます。

そんなときはファミリーサポートなどの外注にお願いするのも有効な方法です。多少費用はかかりますが、夫がサポートできない場合は第三者に依頼し、妻の体力的、精神的負担を軽減するというのは非常に重要なことです。

それから完全主義を捨てるということも大切です。ピカピカの部屋でママがイライラしているよりも、少しぐらい部屋が汚れていても笑顔のママの方が子供は嬉しいに決まっています。

そして一番重要なのが、夫婦ともに「ありがとう」と言葉に出して言うことです。ありがとうの一言で、今日一日の疲れが吹き飛んでしまうことは本当にあるのです。ありがとうの言葉には思いやりを引き出す魔法があります。共働きの家庭には相手をいたわるその思いやりが、明日もまたがんばれるビタミンになるのではないでしょうか。

共働きの子育て夫婦には、不安や悩みがたくさん。でも、多くの家庭が直面している問題だから解決方法だってきっとあるはず。女性も男性も、仕事と子育てを両立するための情報を探してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です